誰でもよく理解できる!注文住宅の基礎知識とコストカットのポイントなどを紹介!

おしゃれで自由な設計が魅力の注文住宅。
素敵なお家を建てたいと考えている方に人気ですが、実際に建てるときには費用と相応の知識が必要となります。
当サイトでは願い通りの物件を建てるために必要な基礎知識を集めました。
さらに高額過ぎて手が出ないと考えている方のために、ちょっとしたコストカットの方法も紹介しています。
簡単な知識があれば夢のマイホームの実現もそれほど難しいものではありません。
あらかじめ基本的な考え方を知っておきましょう。

誰でもよく理解できる!注文住宅の基礎知識とコストカットのポイントなどを紹介!

注文住宅を建てるときに気を付けたいのが、予算オーバーです。
実際に工事を行うとなるとグレードを落とせず、予算の倍コストがかかったというケースが見られます。
注文住宅の基礎知識を把握しておけば、小さな部分を工夫することで予算のカットをすることが出来るものです。
まず、注文住宅はシンプルなデザインを目指しましょう。
延床面積は出来れば小さめに取り、コンパクトな家のほうが手頃な価格となります。
建物そのもののデザインの基礎知識があれば、あまり外装にこだわらず簡素なものにするという方法もおすすめです。

注文住宅は人気デザイナーや建築家に発注し究極のおしゃれで洗練された家を建築できる!

注文住宅の強みは、何といっても自分の好きなようにデザインを変更したり作り上げることができる点にあると言えるでしょう。
シンプルな家も素晴らしいですが、自分だけのこだわりや特徴をかなえてくれる人気デザイナーに依頼できると、さらに素晴らしい結果につながりやすいです。
おしゃれなデザインを考え出すことに自信がある人はデザイナーに任せる時点で自分たちの希望を強く主張すれば良いですし、デザインに自信がない場合はデザイナーに頼ることができるところが注文住宅の強みでもありますから、十分に便利なシステムは活用すると良いです。
さらに、実際に注文する際は費用の面でもあらかじめ希望を伝えておくと、良心的な会社は上手に範囲内に収めてデザインしてくれるためとても助かります。

注文住宅は機能性や利便性を追求し施主の希望を全て詰め込めるフルオーダーな住まい!

これから家を新築されようとしている方が工法を注文住宅とする場合に、決定的な条件になるのは自分の希望通りの家を建てられるという事になります。
建売住宅では建築地も建物の内容も、ハウスメーカーが全てを決定した後の建物になってしまいます。
近年では高性能住宅等の建物そのものが高機能なものになっていることもあれば、設置する設備等も機能性の高いものが多数出てきています。
施主側からすれば憧れのマイホームを建てるのならば、その建築地や環境も望んだとおりの場所を選択したくなります。
外壁を含む外観や優れた機能を有する設備も取り入れ、自分たちのこだわりを全て詰め込んだ住宅にしたいがために注文住宅を選んでいるのです。
そこに、長く住み続けるためには自分たちの居心地の良さを求め、安心して暮らすためには自然災害等にも充分に耐えられる家にしたいのです。
自分達が生活していく中で充分以上に納得できる家にするためにも、フルオーダーでの家とする条件は欠かすことができません。
もちろん専門家の意見は聞かなければなりませんが、最大限にこれが自分たちの家と言える建物にしたいのです。

注文住宅はハウスメーカーや土地選びに始まり間取りの設計に至るまで施主が携われる!

注文住宅の大きなメリットといえば、施主の希望やニーズにマッチした設計で、理想の住まいを実現できる点にあります。
屋根や外壁など家全体の見栄えを好みのタイプにデザインしたり、室内の間取りやインテリアも魅力的なスタイルに設計するなど、家の様々な箇所を施主の思い通りに仕上げることが可能です。
さらに自分が理想とする住まいづくりにふさわしい、最適なハウスメーカー選びや土地選びができることも、見逃せないメリットと言えるでしょう。
特に自由設計の注文住宅では、建築に関する専門的な知識や経験が求められるシーンも決して少なくありません。
そのため素人の施主にとっては、実績が豊富で信頼できるハウスメーカーのようなプロの業者を選ぶことが家づくりの成否を決めるといっても過言ではないでしょう。
同時に土地選びでも、プロの業者からのアドバイスや紹介が理想とする注文住宅の実現には欠かせません。
いくら建物にこだわりを持っても、それを建てる土地に問題があれば、そのメリットや魅力も半減してしまうからです。
業者や土地を選ぶことから間取りの設計に至るまで、施主がトータルに携わることで、納得のいく家づくりをすることが期待できるでしょう。

注文住宅は拘りが強すぎると建売住宅よりも非常にコストがかかる住まいになってしまう

一般的に注文住宅は建売住宅よりも高価になりますが、それは基本的には承知済みでしょう。
多少お金がかかっても、建売では満たすことのできない自分のこだわりや思い描くライフスタイルを実現できるのならば、それだけの価値があると考えて注文住宅を選択しているはずだからです。
ですが、こだわりが強すぎるとコストも膨大になってしまう可能性があることに注意しなければなりません。
若くして何かの事業を運営している経営者など一般の人とは桁違いの予算があるというような人であればともかく、ちょっと現実的でない価格になってしまうかもしれませんので、冷静になる必要があります。
自分の理想や思い描くものがあまりにも世間一般とかけ離れた独りよがりのものになっていないか、考え直してみる必要があるかもしれません。

注文住宅のコストカットのポイントその①凹凸の少ないシンプルな外観を心掛ける

まるでヨーロッパのお城のようなデザインに憧れて、アクセントとなる凹凸を注文住宅でも作りたいと考えるケースもありますが、それを実現するにはおのずとコストがかかってしまいます。
初めはそのデザインに喜びを感じるものの、いずれは気にならなくなり、何より家の中からは見えないため、後からなぜ高額な費用をかけてまでこのようなデザインにしたのかと後悔するケースも少なくありません。
昨今では持続可能性を目指すSDGsや、無駄を徹底的に省いたミニマムな暮らしを求める方も増えており、注文住宅でも凹凸の少ないシンプルなデザインが主流です。
これならば作業工程が少なくなり工期が短縮され、材料費も削減できることからイニシャルコストをカットできるのはもちろんのこと、お手入れや修繕もしやすく将来的なランニングコストも削減できる合理的な工法です。
注文住宅を発注する際にそれらのコンセプトを話せば、対応した設計をプランニングしてもらえます。

注文住宅のコストカットのポイントその②外構やエクステリアの柵は植樹で代用

注文住宅でコストカットするには、エクステリアにコストをかけないことも重要です。
思い切って外構費用の多くを占める門扉や柵をなくすと、大幅なコストカットが期待できます。
目隠しが必要なら、植樹で代用するという手段があります。
樹木の柵なら目隠しや境界線をはっきりさせるという機能性だけでなく、柔らかな印象でご近所に親しみを与えることもできます。
コミュニケーションのきっかけにもなるかもしれません。
花が咲いたり紅葉したりする、季節感のある自分好みのお洒落な庭に仕立てることも可能です。
ピンポイントで目隠しもできるし、適度な光や風を通して夏の暑さ対策にも一役買います。
注文住宅に樹木を設置する際には、柵を作るより安く済みます。
しかし樹木は成長したり枯れたりするので、こまめな手入れが必要です。
特に道路沿いや隣接した家に面している場合は、枝がはみ出ないように管理しなければなりません。
業者に頼むと、それなりの費用がかかることは覚悟しましょう。

注文住宅のコストカットのポイントその③間仕切りや壁が少ない開放的な間取り

注文住宅のコストカットのポイントはいくつかありますが、間仕切りや壁が少ない間取りにすることは一つの考え方です。
仕切りや壁も住宅建築資材に含まれることは間違いなく、それらを減らすことは注文住宅のコストに直結するからです。
とくに昨今では部屋数を増やすよりは広いLDKとするなど開放的な間取りが好まれる傾向にありますので、その観点とも合致しており有効性の高いやり方と言えます。
ただ、所詮は壁とか仕切り程度の事柄に過ぎませんので大幅にコストを削減するようなことは難しいですし、ライフスタイルとも直結しますから無理やりに少なくするようなことはあまり大きな意味がありません。
また、耐震性能に関わってくるようなこともありますので、自分のプランが好みやこだわりに合っているかどうかの視点だけではなくて、住宅としての基本的な性能を満たすものであるかどうかについても、事前にしっかりと相談しておくことが大事になってきます。

注文住宅のコストカットのポイントその④窓の数を少なく設計する

注文住宅は自由に希望を取り入れることができるため、あれもこれもと取り入れることを考えると、どんどん費用が高くなってしまいます。
このような場合には、注文住宅のコストカットのポイントを押さえておくことが何よりも重要と言えるでしょう。
その1つに挙げられることとして、窓の数を少なく設計することが挙げられます。
住宅会社の計算の仕方によっても異なるため一概には言えないものの、基本的に家の窓は壁を作るよりもコストがかかるとされています。
このようなことから窓の数が少なければ少ないほど、建物の金額を抑えることが期待できます。
またサイズによっても価格が変わるため、無駄に大きな窓をつけるのではなく、目的に応じ必要な大きさを考えて必要最低限のサイズにすることが重要です。
窓を小さく少なくすることには防犯上のメリットもあるため、上手に活用していきましょう。
少しの工夫をすることにより、限られた予算の中でも満足できるようになるでしょう。

注文住宅のコストカットのポイントその⑤延べ床面積自体を小さくしてしまう

注文住宅は自分たちに好きなスタイルや間取りの家を建てることが出来ますし、他には見ることが出来ないようなこだわりぬいた空間を作ることも出来ます。
しかし建売住宅に比べるなら注文住宅は費用がかかるというのも現実です。
では、コストを抑えつつも注文住宅を建てたいというのであればどうしたらいいのでしょうか?
それは、延べ床面積自体を小さくすることです。
坪数は施工会社によって大きく異なりますが、もし坪単価50万円でしたら30坪で建てるなら住宅だけで1500万円必要になりますが、25坪に抑えるなら1250万円で住みますので250万円浮きます。
延べ床面積を小さくするなら、狭小土地でも可能ですので建物価格に加えて土地価格のコストも抑えることが出来ます。
大きな家に比べるとゆったりできない、狭く感じるのではないか?と心配される方もおられますが、間取りや空間を上手に工夫するなら狭さを感じさせずにゆったりとした家が完成します。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の基礎知識

おしゃれで自由な設計が魅力の注文住宅。素敵なお家を建てたいと考えている方に人気ですが、実際に建てるときには費用と相応の知識が必要となります。当サイトでは願い通りの物件を建てるために必要な基礎知識を集めました。さらに高額過ぎて手が出ないと考えている方のために、ちょっとしたコストカットの方法も紹介しています。簡単な知識があれば夢のマイホームの実現もそれほど難しいものではありません。あらかじめ基本的な考え方を知っておきましょう。

Search